読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するおひとりさま

Travel.jpナビゲーター。だいたい気ままに一人旅のアラサー(女)の旅ログを綴ってます

高野山にピンとこなかったけど、宿坊はおすすめです【パワースポットをめぐる女ひとり旅】

女ひとり旅ログ-西日本パワースポット編(8泊9日) 女ひとり旅ログ

久しぶりの更新となってしまいました…。ずいぶん間が空いてしまいましたが、前回の記事の続きを。高野山へ向かうところから始めます。

まさに空中都市?標高900mの山の上にある高野山 

早速ですが、ケーブルカー。これに乗って高野山まで向かうわけですが、勾配がすごい。

高野山ケーブルカー

車内はこんな感じ。超ななめですよ。

高野山ケーブルカー

確か、高野山の1つ前の駅の極楽橋駅から乗った気がします。乗ってる時間は5分ほどで、あっという間に高野山に到着。

高野山ケーブルカー

駅の案内板にも書いてありますが、駅自体が標高867mの場所にあるのです。”高野山”の名前は伊達じゃないですね。

高野山・一乗院

旅もすでに4日目を迎え、ちょっとのんびりしたかったので、高野山に着いたら早速この日の宿「一乗院」へ向かいました(写真は翌朝撮ったもの)。

高野山・一乗院

いわゆる宿坊と言われるタイプの施設なので、もちろん華美な設えではないのですが、部屋は広いしきれいだし、温泉ではないけどきれいな大浴場もあるし、ほとんど普通のお宿と変わりません。

高野山・一乗院

庭も立派。施設面での普通の宿との違いといえば、部屋にテレビがなかったということぐらいかな?あと、部屋係としてついてくれるのが、修行中とおぼしき初々しいお坊さん、というところはやっぱり宿坊ならではですね。

高野山・一乗院の食事

食事はもちろん精進料理なのですが、量は十分だし、味もおいしい。野菜類だけでうまみを引き出しておいしく調理する、ってなかなか至難の技ですもんね。手間暇かけて作られていることが分かるやさしい味わいで、物足りなさはまったくありませんでした。

高野山・一乗院の食事

天ぷらだって揚げたてを出してくれましたよ。

高野山・一乗院の食事

これは朝ごはん。お箸が延命箸ってのもちょっとうれしい。

あとは宿坊ならではの過ごし方ということで、阿字観や写経体験もできるし(有料)、希望者は朝のお勤めにも参加できます。

 

高野山って、50〜60軒ぐらいの寺院が宿坊として宿泊者を受け入れているそうですが、その中でもここは、宿坊初心者にかなりやさしいお宿なのではないかと思います。あんまり固苦しくなく、宿坊に泊まる体験をしてみたい、という方におすすめです。

 

【「一乗院」の口コミ評価】

・じゃらん:☆4.8

・楽天トラベル:☆4.78

・JTB:お客様評価94点

・るるぶ:☆4.7

もちろん行きます!高野山・奥の院

快晴の翌日、一乗院をチェックアウトしてまず向かったのは、もちろん絶対外せないここ。

高野山・奥の院

弘法大使空海が入定した奥の院ですね。

ここはちょうど、一の橋と呼ばれる場所で、ここから弘法大師の御廟までは、約2kmの距離。参道沿いにはずらりとお墓が並んでおります。

お墓なので写真には撮りませんでしたが、ここには歴史上の有名人のお墓がたーーーくさんあるのですよ。織田信長に明智光秀、伊達政宗に武田信玄のお墓なんかも。

歴史に無関心な(私のような)人でも知っている人のお墓が次々と出てくるので、キョロキョロしながら飽きずに2km歩きました。ま、縁もゆかりもない人のお墓をじろじろと眺めるっていうのも、果たしてどうなんだろうとは思いながらね…。

 

この奥の院では、毎日2回、空海のために御廟へ食事が運ばれています。今でも空海は生き続けているから、ということなんだそう。空海が高野山を開いてからもう1200年が経過しているわけで、果たして空海が入定したのはいつなのか、定かではないようですが、入定して以降、1日も休まず、ずーっとこの行事が続けられているっていうのがすごいですね。そしていつまでこれは続いていくんだろうか…。

高野山・大門

奥の院のあとに向かったのは、高野山の大門。今更ながら高野山の入り口ですね。車で来ると、高野山に入る前にこの大門近くを通るんだと思うのですが、ケーブルカーで来ちゃうと、かすりもしないので、わざわざ足を伸ばしてみました。

高野山・大門

この写真に写っている人、たぶんほぼ外人さん。高野山は本当に外国人が多かった!日本人と半々か、外人のほうが多いかも?っていうぐらい。あと、ひとり旅っぽい人が多いのも特徴でしょうか。

高野山・金剛峰寺

あと行ったのは、やはり定番の金剛峰寺。

高野山・金剛峰寺

高野山・金剛峰寺

高野山・金剛峰寺

高野山・金剛峰寺

高野山・金剛峰寺

高野山・金剛峰寺

どこにでもいます、こうやくん。

f:id:morinokotabi:20160723213600j:plain

このあと山を降りて、飛行機に乗りました。向かった先は長崎。この先は九州の旅が続きます。

 

高野山の記事、ずいぶんとあっさり終わらせてしまった…。ちょっと弱ってた時期だったので、パワースポットと言われている場所をいろいろと訪れてみたのですが、行ってみてようやく気付いたのですが、私、あんまり寺社仏閣はピンとこないのですよね…^^;

神社は雰囲気だったり空気感が良かったり、ってことはあるんだけど、寺はまったく感じるものがなかったというか。高野山まで行ってこうなんだから、たぶんどこ行っても寺には反応しないんだろうなあ。

まあ、行ってみてやっとわかることなので、ひとまず行ってみたのは良かったです。 やっぱり旅も回数積み重ねると、好きなものがはっきりとしてきますね。

Facebookでも更新情報をお知らせしています。いいね!うれしいです