読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するおひとりさま

Travel.jpナビゲーター。だいたい気ままに一人旅のアラサー(女)の旅ログを綴ってます

【女ひとり旅・国内おすすめの宿】宮城蔵王・ゆと森倶楽部がおすすめの3つの理由

女ひとり旅国内おすすめの宿 女ひとり旅国内おすすめの宿-東北

女ひとり旅におすすめの旅先旅のプランをご紹介してきましたが、今回は、わたしが過去に泊まったなかで、女ひとり旅にぴったり!と思った宿を紹介したいと思います。

今回ご紹介する宿は、宮城蔵王の宿「ゆと森倶楽部」です。

宮城蔵王・女ひとり旅におすすめのゆと森倶楽部

女ひとり旅におすすめの理由その①:野菜ソムリエアワード受賞!とにかく野菜がおいしい

宮城蔵王・女ひとり旅におすすめのゆと森倶楽部

ゆと森倶楽部のサイトから写真をお借りしました

朝・夕ともにビュッフェスタイルの食事が楽しめるゆと森倶楽部の自慢は、1日に60種類以上もの野菜を使った料理の数々。野菜ソムリエアワードという賞を3年連続で受賞しているそうです。

正直、この賞自体はなんなのかよく分からないのですが、笑

とにかく野菜がおいしいことは間違いないです!肉・魚類ももちろん料理に含まれているのですが、メインはあくまで野菜なので、男性には少し物足りないぐらいかも。

いっぱい食べても胃が重くなりにくいのは、やはり野菜中心だから。好きなものを好きなだけ罪悪感なく食べられる、という自由も女ひとり旅にはうれしいですよね。

女ひとり旅におすすめの理由その②:岩盤浴に朝ヨガに…とにかく女ひとり旅向きのアクティビティがたくさん!

宮城蔵王・女ひとり旅におすすめのゆと森倶楽部

ゆと森倶楽部のサイトから写真をお借りしました

ゆと森倶楽部のもうひとつの魅力は”オールインクルーシブ”。言葉の通り、宿泊料にあらかじめすべて含まれているので、岩盤浴に朝ヨガに、といった女性にうれしいオプションの利用が、ほぼすべて無料なんです!

なので宿に滞在している間、退屈している暇がありません。ちなみにわたしは、先日泊まったときはこちらで1人カラオケも楽しんじゃいました。笑

女ひとり旅におすすめの理由その③:団体や子供連れはなるべくお断り!とにかく静かに過ごせる環境

宮城蔵王・女ひとり旅におすすめのゆと森倶楽部

ゆと森倶楽部は、13名以上のグループ予約はお断り&宴会場や個室もなし。子供はNGではないのですが、年齢によって利用できる部屋を分けていたり、子供向けのプランなし、食事も特別な用意はしないということで、子供連れにはあまりやさしくない環境。

要は少人数の大人向けに特化しているので、1人でもとにかく居心地が良いのです。サイトのFAQにもわざわざ、1名でも泊まれるということが明記してあり、おひとり様歓迎ムード。

最近は一人旅用のプランを提供している宿が多くなったとはいえ、まだまだ2名以上でないと予約できない施設も多いなか、これだけウエルカム!を全面にアピールしてくれると、女ひとり旅でも泊まりやすいというもの。実際、泊まってみると女ひとり旅のお客さんもよく目につく気がします。

女ひとり旅におすすめの理由・番外編:お酒もどれだけ飲んでも追加料金なし!好きなだけどうぞ♡

宮城蔵王・女ひとり旅におすすめのゆと森倶楽部

こちらは人によってかなり受け止め方に差があると思うので、あえて番外編としましたが、わたし個人としてはこのポイントこそ、ゆと森倶楽部に泊まるメリットがあると思っている…。

それはとにかくお酒をたくさん飲ませてくれるということ!チェックイン直後から生ビールが飲めるし、夕食中は日本酒にワインにウイスキーに、カシスリキュールなんかも揃ってるし、食後はウイスキーにブランデーも飲み放題だし♡もちろんオールインクルーシブなので、追加料金はかかりません!

ひとり旅って、ただでさえ宿泊費が割高なんですよ。特にこういう温泉宿は顕著。そこでお酒をじゃんじゃん飲んだりしたらもう…。てことでいつも少し控えめにしていた方も、ゆと森倶楽部では好きなだけ!追加を頼む恥ずかしさとかも感じなくていいですから、自分のタイミングで取りにいけますから、もう好きなように飲めます!

という視点でたびねすでも記事をアップしましたが、反応はまあまあ。笑 いまどきみなさんそんなに飲まないのかな…?このブログを読んでくださった方で、気に入ってくれる人がいたらうれしいです〜(切実)

guide.travel.co.jp

普段の女ひとり旅では、もっぱらビジネスホテルに泊まることも多いのですが(なにより宿泊費の節約&高い宿っていろんな意味で女ひとり旅だとあんまり居心地良くない)、こちらは料金は決して安くないけど、女ひとり旅におすすめと胸を張って言えるお宿。

リラックス&リフレッシュが必要なアラサー女性には特におすすめ。場所は宮城県蔵王の山のふもとなので、アクセスは良くないですが、仙台駅からシャトルバスもあるので気軽に行けます。機会があったらぜひ!

 

次は一昨年の11月に行った宮島の女ひとり旅ログを書いてみたいと思います。思った以上にパワースポットで、いいところでしたよ!お楽しみに。

Facebookでも更新情報をお知らせしています。いいね!うれしいです