旅するおひとりさま

Travel.jpナビゲーター。だいたい気ままに一人旅のアラサー(女)の旅ログを綴ってます

標高2700mの畳平でパノラマの紅葉を眺める【長野女ひとり旅】

昨年10月の長野旅の2日目です。乗鞍山頂畳平へ、紅葉を見に向かいました!

標高2700mまでバスで!紅葉の乗鞍山頂

この日も快晴!乗鞍山頂へ、紅葉を眺めに出かけました。

長野県、乗鞍山頂畳平の紅葉

乗鞍山頂へは、バスに乗って向かいます。マイカー規制が行われているので、バスやタクシーでしか行けないのです。この日は観光センターからバスに乗車しました。この時期はだいたい1時間に1本程度、路線バスが走っています。でも雨の日だと雨の日ダイヤというのに切り替えられて、2時間に1本ぐらいになってしまうよう。なので事前によく調べてから出かけた方がいいですよー。

長野県、乗鞍山頂畳平の紅葉

そして一気にバスで頂上まで!約50分かけてたどり着いた場所はなんと標高2700mの高さ!車でこんな高さまで登って来られる山って、なかなかないのでは。

長野県、乗鞍山頂畳平の紅葉

まさに山の天気なので、晴れたり霧がかかったりで天候の変化が激しい!ここまで来たらの見どころ、畳平は見事に霧で真っ白!そしてめっちゃ寒い。

長野県、乗鞍山頂畳平の紅葉

寒すぎてレストハウスに戻りかけた時に一瞬晴れたので遠くから一枚。7月〜8月にかけては、高山植物が咲きみだれるお花畑になるそうです。遊歩道も整備されているので、歩いて回れるようですが、この霧の中なので歩いている人はいなかったよう。

ここから1時間半ほど登山すれば、剣ヶ峰という標高3026mの山の頂上まで行けるのですが、そんなつもりで来なかったので、薄着すぎて、無理でした。せっかくだからちゃんと用意してくればよかったなあ。

長野県、乗鞍山頂畳平の紅葉

しょうがないので逆に下ってみることにしました。乗鞍山頂自体は紅葉って感じじゃないのですが、バスで向かってくる道のりの景色がすばらしかったのですよ。上に行くにつれてどんどん紅葉が深くなってきて、だんだんと風景が変わっていく様子がとっても美しいのです。

長野県、乗鞍山頂畳平の紅葉

長野県、乗鞍山頂畳平の紅葉

長野県、乗鞍山頂畳平の紅葉

長野県、乗鞍山頂畳平の紅葉

長野県、乗鞍山頂畳平の紅葉

長野県、乗鞍山頂畳平の紅葉

長野県、乗鞍山頂畳平の紅葉

長野県、乗鞍山頂畳平の紅葉

乗鞍高原はあんなに快晴だったわりに、上の方はちょっと雲がかかりがち。逆行気味ということもあってあんまりきれいに撮れなかったのですが、でもこのパノラマな秋の景色は、何度もシャッターを押したくなる美しさでした!しかし、こういう風景写真はどうやったら上手に撮れるようになるのだろうか…場数は割と踏んでるけど、全然上達しないなあ…。

またまた見に来ました滝!番所大滝

再び頂上へと戻り、バスに乗って乗鞍高原まで戻ってきました。車に乗り換えて、次に見たかったところ、番所大滝へと向かいます。

長野県、乗鞍高原の番所大滝

ここも結構滝近くに展望台があってですね、写真撮っててもカメラがずぶ濡れ。あと、滝までが結構な下りでした。足元注意です。

長野県、乗鞍高原の番所大滝

光が差してうっすら虹が!ちょっぴり神々しい写真になりました。

長野県、乗鞍高原の番所大滝

はい、看板!高さ40m、幅11mだそうですよ。なかなかの大きさ。

お昼は松本で老舗洋食!アップルパイが絶品

滝を見ていたらお腹が鳴り始めました。乗鞍山頂でもまあまあ歩いたので、早速お腹が空いたもよう。とは言えランチには少し早い時間だったので、松本市に移動してからランチを食べることにしました。向かったのは洋食のおきな堂さん。

長野県松本市の洋食屋おきな堂

お店のサイトから写真をお借りしました。

長野県松本市の洋食屋おきな堂

お店のサイトから写真をお借りしました。

創業1933年だそうで、お店もノスタルジックな雰囲気。私はこちらで生パスタをいただきましたが、人気なのは福井名物のボルガライスだそうですよ。デミソースのオムライスにチキンカツが乗っているというがっつりメニューで、この時のお腹具合だったら食べられそうだったのですが、デザートを食べたかったので、あえてパスタで。

そして食べたかったデザートは、アップルパイ!写真がないんですけども、熱々のアップルパイにアイスクリームが乗っていて、もう最高の組み合わせ♡そしてりんごが紅玉なので、甘さと酸味がちょうどよくって、しっかりりんごの主張があるアップルパイでした!アップルパイが好きで、いろんなところで食べますが、ここのはまた何度も食べたい美味しさです。

また誰もいない山のほうへ…フランス式階段工

次に向かったのは、牛伏川フランス式階段工。名前を聞いてもなんだかよくわからなかったのですが、写真で見て行ってみたくなり、寄り道してみることに。

長野県・牛伏川フランス式階段工

こんな感じの、一見、滝?って感じの見た目なのですが

長野県・牛伏川フランス式階段工

近寄ってみると、段々!確かに階段式だ。

長野県・牛伏川フランス式階段工

なんでも、砂防施設というものらしくて、洪水時に上流から流れてくる土砂を食い止めて、徐々に下流に流す、というためのものらしいです。これが作られたのは1918年。さすがフランス式、モダンね〜。

長野県・牛伏川フランス式階段工

しかしまあまたお得意の、人のいない場所でして…。もう夕方近かったせいかもしれませんが、人っ子一人いないとはこういう状況のことを言うんですね。熊とかイノシシでも出てくるんじゃないかと思って、ビクビクしながら足早に見学しました。

長野県・牛伏川フランス式階段工

この周辺は見学コースも整備されていて、キャンプ場があったり水遊び場もあったりするそうで、なので夏場ならもっと人が来るのかな〜?静かでいいんですけどね、静かすぎるのもね…。

あと、場所がちょっとわかりづらいので、ナビを利用して向かうなら牛伏寺を目指して行くと迷わないと思います。

ご飯は地元の人気唐揚げをテイクアウトでしっぽり

この時点ですでに夕方に差し掛かっていたので、ホテルへ向かうことに。利用したのは松本東急REIホテル

f:id:morinokotabi:20160120224241j:plain

ホテルのサイトから画像をお借りしました。

特にコレ!って決め手はないですが、キレイでリーズナブル。この日は1泊素泊まり5500円ぐらいだったかな。女ひとりで泊まるにも不自由ないホテルでした。

【「松本東急REIホテル」の口コミ評価】

・じゃらん:⭐︎3.9

・楽天トラベル:⭐︎3.8

・トリップアドバイザー:⭐4

そして素泊まりですので当然夕食はなし。外で食べるのも面倒な気分だったので、買ってきて部屋で食べることに。買ってきたのはこちら!

f:id:morinokotabi:20160120225121j:plain

お店のサイトから写真をお借りしました。

唐揚げドーーーーン!松本からあげセンターという駅ビルに入っているお店です。テイクアウト可だったので、ここのからあげとビーーーーールを買って部屋でしっぽり夕食としました。揚げたてを出してくれたし、部屋まで持って帰る間にちょっと冷めちゃっても、サックサクで美味しかったですよ〜。

そんなこんなで2日目終了です。3日目は安曇野へと向かいます。続きは次回!

 

Facebookでも更新情報をお知らせしています。いいね!うれしいです