読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するおひとりさま

Travel.jpナビゲーター。だいたい気ままに一人旅のアラサー(女)の旅ログを綴ってます

初めての女ひとり旅は箱根がおすすめな3つの理由【国内旅行プラン】

女ひとり旅国内おすすめの旅プラン 女ひとり旅国内おすすめの旅プラン-関東

女ひとり旅デビューなら○○シリーズ(今名前をつけました)、第1弾の金沢編が好評でしたので第2弾を書いてみたいと思います。

温泉と美術館の街・箱根は女ひとり旅にぴったりの街

言わずと知れた温泉の街・箱根。火山活動が活発化しており、噴火警戒レベルが引き上げられたことで一時かなり話題になりました。なので紹介するか悩んだのですが、ちょうど昨日、11月20日に噴火警戒レベルが2から1に引き下げられたので、良いタイミングかと思い書いてみます。

それでもまだ立ち入り禁止が解除されていないエリアもありますが、そこを除いても十分に楽しめる場所ですよ。 

箱根がおすすめの理由その①首都圏から近く交通費もリーズナブル、観光も車いらず!

Photo:小田急特急ロマンスカー LSE By:Richard, enjoy my life!
Photo:小田急特急ロマンスカー LSE By Richard, enjoy my life!

新宿からロマンスカーに乗れば1時間半あれば着いちゃうので、思い立ったらすぐ行けちゃう便利な場所です。新幹線や飛行機に乗るよりはずっと交通費が安くすむので、お財布にうれしいのもおすすめする理由のひとつ。

そして箱根登山鉄道箱根登山バスを利用すれば主要観光地めぐりにはほぼ不自由なし。レンタカーが無くても移動に困らないので、自分で運転しなくていい&車代がかからないというところも女ひとり旅にはうれしいポイントです。

おすすめの理由その②美術館がたくさん、みどころに困らないアートの街

女ひとり旅だと、時間を持てあましちゃう心配もあるかもしれませんが、箱根に限ってはみどころたくさんで時間が足りないぐらい。

特に美術館が豊富で、1人で静かに楽しむためのスポットが多いので、むしろ女ひとり旅の居心地の良さを感じられるエリアです。

なかでもわたしがオススメの美術館を3つ紹介します。

オススメ美術館その①箱根彫刻の森美術館

Photo:箱根彫刻の森美術館 By:Kentaro Ohno
Photo:箱根彫刻の森美術館 By Kentaro Ohno

Photo:箱根彫刻の森美術館 The Hakone Open-Air Museum By:nekotank
Photo:箱根彫刻の森美術館 The Hakone Open-Air Museum By nekotank

野外彫刻を中心とするめずらしい美術館で、箱根の自然にとけ込むアートを楽しめる場所です。敷地内が広いので見て回るのが大変なぐらいですが、そこかしこに独特なアート作品があり、探してまわるのも楽しい。作品をすごく近くで見られるので迫力もたっぷり。写真を撮りたくなるポイントがいっぱいです。

野外展示ではないですがピカソの作品も多く、ピカソと言えば絵しか知らなかったので、彫刻作品などはじめてみる作品群がたくさんで見応えもありました。

ここにしかないものがたくさんある、外せない名所で、箱根湯本駅から箱根登山鉄道(最寄りは彫刻の森駅)でも箱根登山バス(最寄りは二の平入口バス停)でもアクセスできます。

オススメ美術館その②ポーラ美術館

箱根のポーラ美術館

公式サイトから画像をお借りしました。

森のなかにたたずむ静かな美術館。とても雰囲気が良く、開放感のある美術館です。モネやルノワール、ピカソなど有名画家の作品がたっぷり。個人的にはレオナール・フジタ(藤田嗣治)の作品が充実していて好きです。建物自体もすてきで、何時間でもいられそうな居心地の良さがあります。

レストランが併設されているのですが、ガラス張りで森を眺めながら食事ができて贅沢な気分になれます。なんだかゆっくりと時間が流れているような、そんな気がする場所です。

アクセスは箱根湯本駅から直通のバスが出ています。

オススメ美術館その③箱根ラリック美術館

箱根のラリック美術館

公式サイトから画像をお借りしました。

こちらはルネ・ラリックというジュエリーとガラス工芸のアーティストの作品がたくさん飾られている美術館です。特にジュエリーがもう、ため息ができるよう美しさなんです!なんでか昆虫がモチーフになっている作品が多くて、正直、身につけたいとはあまり思えないですが、笑

でも眺めるのには本当に、目の保養になりますよ。ガラス彫刻をほどこした香水の瓶なんかもとてもきれいです。

箱根のラリック美術館のレストラン

公式サイトから画像をお借りしました。

あとこちらもレストランがすてきなんですよね。中庭に面したテラスレストランも気持ち良いですし、ラリックのガラス彫刻による装飾パネルがたくさん飾ってあるオリエント急行の車両内でお茶を楽しめたりもします。

アクセスは箱根登山バスで千石案内所前バス停からすぐの場所です。

おすすめの理由その③縁結びのパワースポットやおしゃれカフェetc…、女性にうれしいスポットがたくさん!

女ひとり旅にうれしいポイントのひとつ、それは箱根にはおしゃれなカフェがたくさんあること!思わず立ち寄りたくなるお店ばかりで、女ひとり旅の途中の一休みにぴったりです。

いくつか紹介してみますので、時間とおなか(全部行ったらおなかがたぷたぷに…。笑)の許すかぎりぜひ寄ってみてくださいね。

足湯にも入れるカフェ。築50年の建物を改装した落ち着く空間です。

芦ノ湖を眺めながらおいしいケーキが食べられる、眺望抜群のカフェ。

箱根湯本駅近く、川の目の前でこちらもロケーションが抜群です。

ほかにも女ひとり旅で見逃せないのが、縁結びにご利益があるということで最近大人気の神社・九頭龍神社

Photo:九頭龍神社 By:Richard, enjoy my life!
Photo:九頭龍神社 By Richard, enjoy my life!

芦ノ湖畔に鎮座する箱根神社のとなりにある神社で、湧き出る”龍神水”というご神水を飲むと恋愛運がアップするともっぱらの評判です。毎月13日には月次祭(つきなみさい)が開催され、その日だけは元箱根港から参拝船が出ていてアクセスも便利になります。

13日以外はバスで伊豆箱根バスの元箱根バス停あるいは箱根登山バスの元箱根港バス停で下車し、30分ほど歩いて向かうことに…。あまり行きやすい場所とは言えないのですが、それでも若い女性がたくさん訪れる人気のパワースポットなんですよ。箱根に行ったらぜひ足を伸ばしてみましょう!

夜が早い箱根、夕食付きの宿の予約がおすすめ

箱根は駅ビルのような施設がないのと、夜遅くまで営業している飲食店が少ないので、夕食付きのプランを選んで、夕食は宿でとりましょう。

箱根の宿泊費は全体的に高いのですが、そのなかでは比較的リーズナブルな女ひとり旅向きの宿を選んでみました。

オススメ宿その①マイユクール祥月

箱根の温泉ホテル・マイユクール祥月

公式サイトから画像をお借りしました。

女性向けのプランに力を入れており、レディースプランを選べば32平米以上の部屋&12時チェックアウトのサービスがあり、ゆったりと過ごせます。部屋には料理長お手製のマドレーヌがあったり、冷蔵庫にもスイーツが入っていたり、アロマの香りも随所に感じられる女性のための工夫がいろんなところにほどこされた、とにかく女性にやさしいお宿です。

1泊2万円(税込)からとかなりの良いお値段ですが、これでも箱根ではさほど高いほうでもないんですよね…箱根おそるべし。そしてどのサイトでも口コミの評価はとても高いです。

アクセスは箱根湯本駅から徒歩10分です。

【「マイユクール祥月」の口コミ評価】

・じゃらん:☆4.7

・Yahoo!トラベル:宿泊者おすすめ率94%

・楽天トラベル:☆4.6

・スマ宿:⭐︎4.85

スマ宿は、宿泊予約でもらえるポイントをその予約に対して割引として使えるので、ポイントを期間内に使い切れないという方にはおすすめです。

オススメの宿その②湯本富士屋ホテル

箱根の温泉・湯本富士屋ホテル

公式サイトから画像をお借りしました。

箱根湯本から徒歩3分と、とてもアクセスの良い場所にあります。食事の選択肢が多いのが魅力で、夕食は和食に中華、フレンチのなかから選ぶことができます。もしうっかり夕食をつけずに予約しちゃった場合でも、24時まで営業している居酒屋がホテル内にあるので、そちらで夕食を食べられるのもありがたい。

こちらは時期にもよると思いますが、休前日の1人予約でも2食付きで2万円を切る金額設定があるので、箱根にしてはやさしいお値段で泊まれます。富士屋ホテル直営のパン屋さん、ピコットのパンも評判で、特にカレーパンが人気なので、おみやげにいいかも。

【「湯本富士屋ホテル」の口コミ評価】

・じゃらん:☆4.4

・Yahoo!トラベル:宿泊者おすすめ率93%

・楽天トラベル:☆4.2

・一休:⭐︎4.31

・スマ宿:⭐︎4.72

一休とスマ宿は、宿泊予約でもらえるポイントをその予約に対して割引として使えるので、ポイントを期間内に使い切れないという方にはおすすめです。

オススメの宿その③四季の湯 強羅静雲荘

箱根の温泉ホテル・四季の湯 強羅静雲荘

公式サイトから画像をお借りしました。

このホテルのいいところはですね、なんと言っても値段が安い!(もちろん、箱根にしては、という条件付きですが)なぜなら文部科学省の共済組合の宿泊所だから。週末、1人でも1万2,000円ほどで泊まれます。

その分、サービスは必要最低限という感じなので、リーズナブルに、付かず離れずなサービスが嫌いじゃない方におすすめ。お湯は箱根には箱根にはめずらしいにごり湯で、特に露天風呂は評判です。

アクセスは強羅駅から徒歩6分ほどです。

【「四季の湯 強羅静雲荘」の口コミ評価】

・じゃらん:☆4.1

・楽天トラベル:☆4.1

箱根は日帰りもアリ、気軽に女ひとり旅に行ってみて!

あらためて箱根の宿泊費の相場を調べてみましたが、やっぱり高いなあ〜。箱根までの交通費が安い分、宿泊費はコストがかかります。

なので、箱根の場合にかぎっては日帰りという選択も悪くないかも。個人的には、泊まってこそ旅!という気持ちなのですが、箱根は日帰り温泉を楽しめる宿も多いですしね。

宿泊と伴わないと、より気軽に行きやすいのではないでしょうか。ぜひ女ひとり旅デビューの場所として、行ってみてくださいね!

次回からはまた北海道の旅の続きを書きたいと思います。

 

Facebookでも更新情報をお知らせしています。いいね!うれしいです