旅するおひとりさま

Travel.jpナビゲーター。だいたい気ままに一人旅のアラサー(女)の旅ログを綴ってます

旅をしながら仕事をすること

宮古島の旅について書いている途中ですが、今日はちょっと趣向を変えて、旅と仕事について書いてみようと思います。

 

このブログでも、旅の合間に仕事している、と言うようなことを時々書きますが、1〜2ヶ月に1回ぐらいでしょうか、1週間ぐらいかけて、国内各地へ旅行しつつ、仕事もするという一人旅に出かけます。

f:id:morinokotabi:20170709142502j:plain

ちなみにわたしの仕事のスタイルは、

・リモートワーク

・パソコンとネット環境さえあればどこでもできる

・平日は、基本的に必ず7時間は働く(家にいる時も旅先でも)

という感じです。

f:id:morinokotabi:20170706224921j:plain

旅をしながら仕事してる、というと、とっても羨ましいという反応をされるのですが、実際、旅をしながら仕事もしようと思うと、どんな旅になるのか、そういえばあまり発信している人を見たことないなあと思ったので、一度書いてみることにしました。

 

人からよく聞かれる質問に答える形で書いていきたいと思います。

 

 

Q.旅先で仕事と旅の時間をどうやって両立するの?

A.だいたい午前中と夜(夕食を食べた後)が仕事の時間、午後を旅の時間にしています。

 

まず午前中のうちに、重めかつ優先度の高いタスクをこなしておくと気持ちが楽なので(午後気兼ねなく遊べます。笑)、どこに行ってもだいたい、午前中は仕事をしてます。

(早起きして一遊びしてから、ということもあります。宮古島に行った時は海で朝日を見たくて、早朝に海に行ってから仕事、という過ごし方もしてました)

f:id:morinokotabi:20170709135905j:plain

それと朝のうちに仕事に手をつけておくと、その1日にやるべき仕事のボリュームを把握しやすいので、その日の仕事の時間を微調整しやすくなるから、というのも午前中を仕事の時間に当てている理由です。

 

午前中に目一杯仕事して頭を使うとものすごくお腹が空くので、笑

一仕事終えたら腹ペコ状態でお昼ご飯を食べに行きつつ、ここからが旅の時間。日が沈むまで動き回ります。

なのでその時々の日没の時間によって、何時まで旅の時間に当てるかが変わりますね。夏は日暮れが遅いので、出かける時間も必然的に長くなります。

f:id:morinokotabi:20170709140017j:plain

そして日が暮れたらその日の宿に行き、ごはんを食べて、仕事を再開。夜やろうと思っていた仕事が終わったら、ようやくお酒を好きなだけ飲んで寝ます。

これが旅に出ている時の1日のだいたいの過ごし方です。

 

 

Q.旅先ではどこで仕事するの?

A.宿やカフェが中心。たまに外(公園とか)で仕事することもあります。

 

ネット環境は自分で用意してるので(ポケットWi-Fiは持ってないので、携帯のデザリングで繋ぎます)、あとは電源があれば理想的。

 

午前中はわりと起きたらすぐ仕事を始めてしまいたいので(もちろん早く終わらせて遊びに行きたいから!)、宿で作業することが多いです。

最近は仕事の場所確保を考慮して、同じ宿に連泊をすることも増えました。(チェックアウトやチェックインの時間を気にせず宿に居られるように)

f:id:morinokotabi:20170312125144j:plain

チェックアウト日などで宿に午前中いっぱい居られない時は、近くのカフェに移動します。コワーキングスペースのようなところがあればそういうとこに行くのが楽なのですが、私が行く旅先にはだいたいそんなものはないので(自然の溢れるところばかり行くせいです)、

 

できれば電源のあるカフェに、でも午前中いっぱいの時間ぐらいならだいたいパソコンの電源ももつので、電源の有無を気にせずお店を選ぶことも多いかな。 

たとえば小樽だとこんな素敵な雰囲気のカフェに行ってみたり

f:id:morinokotabi:20161030222550j:plain

室蘭のカフェも眺望がよかったなぁ。

f:id:morinokotabi:20170505143742j:plain

 あと、せっかく自然溢れるところにいるんだから自然の中で仕事したい!と思って青空オフィスをためしてみたこともありますが(↓も北海道ですね、支笏湖近くのベンチです)

f:id:morinokotabi:20161007185325j:plain

パソコンが熱を持ってるせいか、虫が寄って来ちゃって大変でした^^;鳥のさえずりを聞きながら、木漏れ日の中で仕事すること自体はとっても気持ちよかったんですけどね~。

 

夜はいつも宿に篭って仕事をしています。大体は部屋で仕事してますが、宿泊客用のフリードリンクが用意されたラウンジが併設されているホテルなんかも最近はあるので、そういうスペースを利用することも。(写真は、ニセコのワイスホテルのラウンジスペース)

f:id:morinokotabi:20161119113643j:plain

 

Q.せっかく旅行に出かけてるのに、仕事してたらもったいなくない?

A.確かに1日仕事を気にせず遊びたくなることもあるけれど意外と旅先での仕事は楽しいです。

 

そもそも旅先で仕事したくなかったら、仕事を休んで行くか、連休等に行けばいいだけなのですが、わたしはだいたい、平日に出かけて旅行中もいつもと変わらず仕事する、というスタイルを選んでます。

(旅の合間に休日が挟まるときは、もちろん仕事なんてせずに1日遊び呆けます〜)

f:id:morinokotabi:20170706232109j:plain

まず平日に行く理由としては、どこに行っても確実に休日より空いてるから!(人混みが本当に嫌いなので)というのと、平日のほうが旅費が安く済むというのも大きいです。

 

そしてだいたい2ヶ月に一度ぐらいは平日メインの旅に出かけるので、そんなにしょっちゅうは休めないから休まないというのももちろんありますが、個人的には、旅をしながらの仕事は結構メリットがあるかなと思っているので、あえて休むという選択をしないという部分もあります。

f:id:morinokotabi:20170604211506j:plain

旅に出かけることでとってもリフレッシュできるので、いつも以上に仕事が捗るのと、

f:id:morinokotabi:20160917122227j:plain

いつもと違う場所で仕事するということは思った以上に気分転換になるので、仕事したくないなーという気分になることがほとんどないんですよね。むしろ旅もして仕事もして、すごく充実した1日を送ってる気分になれます。笑

f:id:morinokotabi:20170604210024j:plain

普段は家で仕事をしているので、合間に家事をしたり買い物に行ったり、ちょこまかといろいろなことに時間を費やしてしまいがちなのですが、

f:id:morinokotabi:20151129221830j:plain

旅に出ている間はそういう時間がなくなるので、仕事と睡眠以外のすべての時間を旅に使うことができますし、そうすると仕事をしながらでも、ちゃんと楽しい旅の時間も確保できるんですよ。

f:id:morinokotabi:20151102154429j:plain

まぁ前提として、今の仕事がすごく自分に合っていて楽しいからということもあります。嫌いな仕事からの現実逃避を目的に旅するんだったら、旅先で仕事なんて絶対にできないですよね…。

 

 

Q.一人でご飯はどうしてるの?

A.朝は適当に買ってきたもの、昼は外食、夜は宿で買ってきたものor自分で作って食べることが多いです。

 

これは旅と仕事というよりもひとり旅についての質問なのですが、特に女性は一人の外食が苦手、という人も多いのかな~。割とよく聞かれます。

 

私の場合は、宿は素泊まりで予約することがほとんどなので、まず宿のご飯を食べることは少ないです。ご飯の時間に縛られたくないのと、その時の気分や体調によって食事の量を調整したいから、というのが主な理由です。

 

朝も夜も、大体ご飯の時間が決められちゃってますし、どうしても宿のご飯って量が多いんですよね~。食べきれなければ残せばいいんでしょうけど、やっぱり目の前に出されるとなかなか残せなくて。

(これはいつぞやの秋田の宿の朝ご飯ですね。こんなに美味しそうなものを並べられたら、たとえそんなに空腹じゃなくても食べちゃう…)

f:id:morinokotabi:20170709142122j:plain

2泊ぐらいならまだ良いのですが、3泊超えて毎日フルボリュームの食事はやっぱり辛くなってきます、確実に体重も増えますし^^;

 

あとは単純に節約という意味もあります。よっぽど高級なご飯を食べない限り、食事をつけないで外食した方が、やっぱり安上がりなんですよね。

f:id:morinokotabi:20161030234604j:plain

素泊まりの場合は、朝は大体前の日に、朝ごはん用に軽く食べられるものを買っておきます。で、最近は昼が一番贅沢!なご飯を食べることが多いです。というのも夜は仕事をしたいので、夕食はさくっと済ませたくて。

f:id:morinokotabi:20170709141451j:plain

なので昼は外食しますが、夜は何か買ってきて部屋で食べるか、あとはコンドミニアムスタイルの宿に泊まって、ごく簡単な自炊をするというのも最近の選択肢の一つです。

 

旅先での夕食としてはちょっと味気ないような気がすることもありますが、地元のスーパーを巡るのも趣味の一つなので、そこでいかにもその土地らしい食べ物を夕食用に買ってみたり、

 

あとはわざわざ駅に行って、意外と食べる機会のない(旅先では車移動がほとんどなので、あんまり駅を使わないのです)駅弁を買ってみたりするのも、結構楽しいんです。

f:id:morinokotabi:20170505143709j:plain

このスタイルだと、その日の気分や体調に合わせて食事の量がコントロールしやすいのもポイント。

普段は自炊が基本のせいか、1週間ずーっと外食してるとさすがに胃も疲れてくるので、いろんなパターンを試してみた結果、最近はこのスタイルで落ち着いています。

 

 

ここまで読んでお気付きの方もいらっしゃる方も多いと思うのですが、旅をしながら仕事って、一見夢のあるライフスタイルのようにも見えるかもしれませんが、実は結構ハードです^^:

 

どんな旅をするかにももちろんよると思いますが、私の旅の目的は、たいてい、まだ行ったことのない場所へ見たいものを見に行く!ことなので、がっつり観光をしたいんですよね。

暮らすように旅を、とかゆったりした感じではなく、もう時間の許す限り、四方八方行きたいところをリストアップして、駆けずり回ってます。目一杯遊びつつ、でも仕事もするので、朝から晩までとーっても忙しいです。笑

 

なので、旅をしながら仕事をするために一番必要なことは、何より体力!というのが、1年以上このライフスタイルを続けてきた私の結論です。(あとは旅先でもできる仕事を得る、というのももちろん大前提ですけどね)

 

そして旅を終えて家に帰ってくると、安心することもあってかどっと疲れが出たりするので、旅の間とは全く真逆の引きこもり生活をしつつ、旅の疲れがすっかり癒えてきた頃には、じゃあ次はどこに行こうかなーと考え始めてます。

 

もっぱら国内旅行派なので、国内でしかこういう行動はしたことないのですが、今年は久しぶりに海外の旅の予定もできたし、いずれはこのライフスタイルを海外で実践する日も来るかな〜。そのときはまたブログに書きたいと思います!

 

 

Facebookでも更新情報をお知らせしています。いいね!うれしいです