だいたい国内ひとり旅

一人旅を愛する30代です。女ひとり旅のコツや旅の記録、おすすめの旅先なんかを綴っています。

女性の一人旅におすすめの沖縄観光スポット9選!実際に行ってよかった観光名所だけまとめ

f:id:morinokotabi:20181121152827j:plain

見どころがありすぎるほどある沖縄ですが、1ヶ月沖縄に滞在して実際に女ひとり旅で出かけてみたスポットのなかで、ここは本当に行って良かった!と思える沖縄のおすすめ観光スポットだけを厳選してまとめてみました!

<目次>

【1】古宇利島

f:id:morinokotabi:20181121152827j:plain

沖縄本島の北部にあるので、那覇から車で1時間半以上かかる場所なのですが、個人的にはここが沖縄本島一の絶景スポットだと思っているので、ぜひ足を伸ばしてみてほしい!本島とは橋でつながっていて、この橋を車で走るのは最高に気持ち良いです!

f:id:morinokotabi:20181121152835j:plain

古宇利大橋を渡った入口の左右に広がる古宇利ビーチから見上げる橋の光景もとてもきれいなので、ぜひ車を停めてビーチに降りてみてくださいね。ちなみに歩いて、自転車で渡ることもできる橋なので、近くに車を停めて徒歩orレンタサイクルで渡るのもおすすめ。車で渡るよりもじっくり景色を楽しめますよ。

【2】瀬長島ウミカジテラス

f:id:morinokotabi:20181121152908j:plain

那覇空港から車で10分の観光スポットで、レストランやカフェ、アクセサリーや雑貨のショップなどが集まる総合施設です。このウミカジテラスの良さはなんと言ってもそのロケーション!目の前に広がる澄んだ遠浅の海に、沖縄に来たーーー!という実感が湧くスポットです。

f:id:morinokotabi:20181121152923j:plain

個人的にはショップはあんまり見るとこないなあという印象だったのですが(ここじゃなくても買えそうなものが売っているお店ばかり)、施設もきれいだしカフェやレストランは一人でも入りやすいという意味で、食事を兼ねて立ち寄るのにおすすめです。

f:id:morinokotabi:20181121152946j:plain

おしゃれなカフェとかももちろんあるのですが、私のおすすめはなんと言っても「沖縄そば処 もとぶ熟成麺」。沖縄北部の本部町というところの特産品であるもとぶ香ネギというネギが山盛りの「香ネギそば」が本当に美味しいのです。

他のお店に比べるとオシャレ度が今ひとつ(タイル張りのカウンターがあったり、沖縄そば屋さんとしてはすごくオシャレなんですが)のためかあまり混まなくて入りやすいので、ここでまずお腹を満たしてから他のカフェに移動、というのも良いかもしれません。

【3】壺屋やちむん通り

f:id:morinokotabi:20181121154658j:plain

沖縄の焼物「やちむん」を扱うお店が並ぶ通りです。読谷村に「やちむんの里」という工芸村もあり、そちらの方が本場?なのかなと思い、まずは「やちむんの里」に行った後にこちらの「壺屋やちむん通り」を訪れたのですが、壺屋やちむん通りの方が若い作家さんや店主さんが多いのか、おしゃれな焼物はやちむん通りの方が手に入るかなという印象でした。

f:id:morinokotabi:20181121154304j:plain

猫が店内をウロウロしているお店もあったり(焼物を割ったりしないのかと見ている方がヒヤヒヤしてしまいましたが)、

f:id:morinokotabi:20181121153155j:plain

photo by SHANGCHIEH
こんなおしゃれな店構えの店舗があったり、気になるお店がたくさん。食器好きな方と、あと雑貨を扱うお店も多かったので雑貨好きな方にもおすすめなスポットです。

【4】果報バンタ

f:id:morinokotabi:20181121154728j:plain

果報バンタは本島から橋で繋がる宮城島という島にある観光スポット。ぬちまーす 観光製塩ファクトリー「ぬちうなー」の敷地を抜けて行くことになる場所で、車は工場の駐車場に停められます。ここはサンゴ礁がまだしっかり残っていて、エメラルドグリーンの海にサンゴ礁の模様ができてそれがまた美しいんです。

f:id:morinokotabi:20181121154849j:plain

ちなみにぬちまーすのファクトリーで塩の製造工程を見学することができますし、ショップも併設しているのでお土産購入に立ち寄るのも良いですよ。カフェもあったので一休みにも。

【5】金城町石畳道

f:id:morinokotabi:20181121154921j:plain

首里城近くに残っている石畳の古道で、道の脇には沖縄の古民家が立ち並びとても風情があります。道の両脇に建てられた石垣も赤い瓦屋根がついた昔ながらのもので、写真を撮るのが楽しいスポットです。

f:id:morinokotabi:20181121154959j:plain

ただ、結構な急勾配なのと、琉球石灰岩というサンゴ礁から生まれた石が使われているので、雨の日は言わずもがなですが、晴れている日でも結構滑りやすいです。ぜひ歩きやすい靴で訪れてくださいね。

【6】座喜味城跡

f:id:morinokotabi:20181121155107j:plain

沖縄ではいくつか、観光スポットとして知られる城跡がありますが、私の一押しが座喜味城跡。規模は小さいのですが、座喜味城跡は残っている城の城壁になんと登ることができるんです!

f:id:morinokotabi:20181121155153j:plain
f:id:morinokotabi:20181121155050j:plain

城跡なのでやはり高台にあるのですが、城壁に登るとより眺望が良く、なんだか単純にワクワク!カーブしている城壁の様子も珍しく、そして個人的にはなんとなーくラピュタを感じたスポットでもあります。今城壁に登ることが許されているのは座喜味城跡だけですので、登ってみたい方はぜひ座喜味城跡へ!

【7】知念岬公園

f:id:morinokotabi:20181121155319j:plain

 世界遺産の斎場御嶽近くの岬にある小さな公園です。特に何があるわけでもない場所なのですが、ここから見る海がとてもきれいなのです。ゆったりと大海原を眺めていると、すごくのんびりした気分になれますよ。

f:id:morinokotabi:20181121161248j:plain

そして知念岬公園周辺の駐車場には、野良猫がたくさん。目つきは悪いですが写真は撮らせてくれたので、ネコ好きの方はより楽しいかもしれません。

【8】識名園

f:id:morinokotabi:20181121155350j:plain

世界遺産登録もされている識名園。特に期待もせず、時間があったのでなんとなく行ってみただけだったのですが、想像以上に見応えがありました。

f:id:morinokotabi:20181121155708j:plain

というのも、雰囲気としては日本風の庭園なのにヤシの木など南国らしい植物が植えられていたり、建物は中国風だったり、いろんな文化の融合を感じられるんです。沖縄の歴史と文化が反映されている、他にはないスポットという意味でとてもおすすめです。

【9】ハッピーモア市場

f:id:morinokotabi:20181121160727j:plain

宜野湾市にある、地元産の野菜などを販売する直売所です。見たこともない沖縄の島野菜を眺めるだけでも楽しいのですが、ここのおすすめは市場で作っているスムージー!

f:id:morinokotabi:20181121160741j:plain

f:id:morinokotabi:20181121160757j:plain
f:id:morinokotabi:20181121160802j:plain

沖縄産の野菜と果物をあわせたスムージーが、とっても美味しいのです。ちなみにカレーも美味しかったですし、人気だというバナナケーキもしみじみ美味しい逸品。イートインのスペースもあるのでサクッとランチも食べられます。住宅街の一角にあり、いわゆる観光スポットではないですが、近くを通る機会があったらぜひ立ち寄ってみてほしい場所です。

沖縄女ひとり旅のおすすめモデルコースはこちら

今回紹介したスポットと、あとは初めてなら押さえておきたい王道観光スポットもめぐる沖縄女ひとり旅のモデルコースも以下の記事でまとめています。沖縄へ一人旅に行く女性の方向けに書きましたので、参考になれば嬉しいです。

morinokotabi.hatenablog.jp