読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するおひとりさま

Travel.jpナビゲーター。だいたい気ままに一人旅のアラサー(女)の旅ログを綴ってます

鹿とサルには気をつけて!の1日目【宮島&山口女ひとり旅】

真夏の瀬戸内海編紅葉の関西編に続き第3弾。今回は2年前の今ごろ、宮島&山口1泊2日の女ひとり旅ログです。

こんなに鹿!?奈良公園に負けない鹿まみれの島・宮島

旅は広島駅からスタート。まずは宮島・厳島神社へ向かうべく、レンタカーを借り、フェリーの発着地である宮島口へと向かいました。

広島・宮島行きのフェリー

フェリーの乗車時間は10分ぐらい。あっという間に着きます。

広島・宮島の鹿

宮島に着いて最初に出迎えてくれたのは、鹿!鹿がわんさかいます。まさかここでこんなに鹿に出会うとは。

広島・宮島の鹿

みずから人に寄ってきて、なでられる鹿。

広島・宮島の鹿

参道に並ぶお店の前にも鹿。

広島・宮島の鹿

宮島名物・あなご丼を提供するお店の看板も鹿。

数としては奈良公園ばりにいる気がしましたが、奈良の鹿と比べて、宮島の鹿はなんだかおっとりしているような。たくさんいても奈良公園のような怖さはありませんでした。笑

ようやく見えてきた、海の上に浮かぶ鳥居!

広島・宮島の厳島神社

鹿に気を取られ、参道を進むのにやたらと時間がかかりましたが、ようやく、じゃん! これぞ厳島神社!の海に浮かぶ鳥居が見えましたよ。

広島・宮島の厳島神社の海に浮かぶ鳥居

シーカヤックで鳥居をくぐる人が写ってますね。近くに行けてうらやましい〜。でも潮が引けば歩いて近くにいけるので、その時間を待ちましょう。

広島・宮島の厳島神社の海に浮かぶ鳥居

厳島神社は、海に浮かぶ鳥居ばかりが注目されている気もしますが、ご本殿も含めて海の上に建てられているんですよね。

広島・宮島の厳島神社の能舞台

能舞台も海の上。

広島・宮島の厳島神社

向こう側へと橋がかけられています。

広島・宮島の厳島神社

でも渡れない!

広島・宮島の厳島神社

海の上だから、境内にカニもいるよ。

鳥居をもっと近くで見るべく、潮が引くのを待つ間に、ロープウエイに乗ってみることにしました。

山の上からの絶景・瀬戸内海!サルにはくれぐれもお気をつけ下さい。

広島・宮島のロープウエイ

利用したのはこちらの宮島ロープウエイ。途中乗り継いで、獅子岩駅まで向かいます。

広島・宮島のロープウエイの獅子岩展望台

そしてたどり着いた獅子岩展望台からの景色がこちら。瀬戸内海です。やっぱりきれい!でもここで終わりではありません。

広島・宮島のロープウエイ

標高が高い分、地上よりだいぶ色づきが進んだ紅葉を眺めたり、

広島・宮島のロープウエイ

こんな岩がごろごろしているところを歩いたり、

広島・宮島のロープウエイ

そんなこんなで獅子岩展望台から30分ほど歩いてたどり着く先が、弥山(みせん)の頂上です。さきほどの獅子岩展望台からの写真より、若干位置が高くなっているのが分かるでしょうか。

広島・宮島のロープウエイの弥山

通って来た道を見下ろしてみました。歩いていてそれほどきついとは感じませんが、やっぱりそれなりに登ってきてますね。それにしてもよい天気!

広島・宮島のロープウエイの鹿

ちなみにこんな高いところにもいるんですよ、鹿。

広島・宮島のロープウエイの鹿

登って一休みしていたところを鹿に襲われ、慌てて荷物を鹿から遠ざける外人さん。

広島・宮島のロープウエイのサル

でもここで本当に気をつけないといけないのは、鹿じゃなくてこちら!サルなんです。

広島・宮島のロープウエイのサル

その荷物、サルも狙っていますよ!

広島・宮島のロープウエイのサル

食べ物を取られないようにするのはもちろん、エサをあげるなんてもってのほか。

広島・宮島のロープウエイのサル

かわいいからって顔を覗き込んだりすると、痛い目見るぜ。

ここまで注意喚起の看板が立て続けにあったので、けっこう気をつけていましたが、結局サルの姿は見なかったなあ。

広島・宮島のロープウエイの鹿

鹿の姿ばかりが目につきました。

 

鹿とサル(の看板)の写真だけでこんなにも長くなってしまった…。血迷って帰りはロープウエイでなく徒歩で下山して遭難しかける&おかげでちょうど引き潮で鳥居にばっちり近づけましたの話がまだまだ続くので、今回は一旦ここまで。続きはまた明日書きます!

Facebookでも更新情報をお知らせしています。いいね!うれしいです