読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するおひとりさま

Travel.jpナビゲーター。だいたい気ままに一人旅のアラサー(女)の旅ログを綴ってます

【女ひとり旅】3日目②/瀬戸内海ぐるり7日間旅〜「土佐のおきゃく」の鰹はほっぺた落ちそう

1日目〜3日目①まではこちらから。

【女ひとり旅】1日目/瀬戸内海ぐるり7日間旅

【女ひとり旅】2日目/瀬戸内海ぐるり7日間旅〜お米がおいしい宿発見!

【女ひとり旅】3日目①/瀬戸内海ぐるり7日間旅〜女ひとり旅は電波と時間に気をつけて!

 

さあフェリーに乗って香川県に渡るぞ!の前に小豆島でお昼ごはんを食べたのでした。3日目の続きです。

 

テラス席からの眺望抜群!小豆島の有名店・井上誠耕園のカフェ

小豆島の井上誠耕園のオリーブカフェ忠左衛門からの眺望

 

お昼はオリーブ畑のなかにあるカフェでパスタを。テラス席からはご覧の眺望です!暑かったけど我慢してテラス席選んだ甲斐があった〜。

 

食べたのは、季節限定の「瀬戸内レモンとスモークサーモンの冷製オリーブパスタ」。味は…あんまり覚えていないので可もなく不可もなく、だったのだと思います。笑 

 

あと印象的なのはお店へ向かう道のり。めっちゃ道が狭いです!小豆島は少し路地に入ると結構どこでもそうだったんですが、ここ車道?歩道じゃなくて?っていう道を運転して行かないとたどり着けません。

さらにナビに載っていない場所も多いので、小豆島を車で動くときはナビとGooglemap併用で、コンパクトカーで動くのをおすすめします…。

 

tabelog.com

 

やっとフェリーに乗船!香川上陸後はキュートなケーブルカーで八栗寺へ

“八栗寺の八栗ケーブルカー"

 

小豆島からフェリーに乗船し、1時間ほどで香川県に到着。早速向かったのは八栗寺

訪れる場所はトリップアドバイザーを見て決めることが多いのですが、こちらもそのパターンで、サイトでの評価が高かったので選びました。

 

 こちらの八栗寺は四国八十八ヶ所霊場の第八十五番札所にあたりますが、訪れた日は人も少なく、ゆっくり見て回れました。ここも高いところにあるからまた景色がきれいなんだ〜。

“八栗寺"

“八栗寺からの眺望展望"

 

こんな爽やか風な写真ですが、撮っているわたしは汗だく。この日の気温、たしか30度超えです。

 

まるで漫画喫茶!?9000冊が読み放題のHOTEL WAKABA

八栗寺の拝観を終えて、とっととこの日のホテルへチェックイン。高松市にある「HOTEL WAKABA」に宿泊です。格安プランの利用で1泊なんと3,900円!助かる〜。

 

このホテルのウリは、なんと漫画9000冊の品揃えで、滞在中読み放題!ということと、朝食を頼むと部屋までルームサービスしてくれるということ(私は朝から部屋に来られるのも嫌なので、頼みませんでしたが)。

 

わたしもありがたく、途中まで読んでいた『のだめカンタービレ』を最終巻まで読みましたよ。

のだめカンタービレ 全巻セット (1-25巻 全巻)/二ノ宮 知子/講談社

価格:11,288円
(2015/10/29 18:02時点)
感想(4件)

 

いちばん好きな食べ物は鰹です。香川で絶品!高知料理

突然ですが、わたし、この世で一番すきな食べ物が鰹のたたきなんです。なので、この旅でも鰹を食べに、高知まで足を延ばそうかどうか、迷っていたんですけど、このお店で鰹のたたきを食べて、もう高知へ行かなくてもいいやってなりました。

tabelog.com

 

こちらは宿泊したHOTEL WAKABAから歩いて行ける距離にあるお店。3日目のホテルは夕食をつけなかったので、外食することになり、鰹のたたき目当てで伺ったのですが、行って本当に大正解!

 

たれのたたきと塩のたたきと、両方いただきましたが、どちらも焼いた皮の香りが良く、適度な脂の乗った身が、まさに絶品!

 

なんとこちらのお店、高知で一般的なわらでなく、松葉で鰹を焼いているそう。松葉焼きを出しているお店は、高知でも数えるほどしかないそうです。もちろん高松で食べられるのはこのお店のみ。ぜひ食べに行ってみてほしいです。

 

ただ、本当に一般的な居酒屋さんなので、女ひとり旅ではちょっと勇気がいるかも…。でもお店の方はとても親切でしたよ。鰹好きなら勇気を出して行く価値あります!オススメ!

 

このお店に行ったおかげで、高知に行く必要がなくなったので(高知のみなさんごめんなさい)、4日目は松山に行くことに。その前にパワースポット・こんぴらさんで1,368段の階段を登って大汗かきました!次回に続く!

Facebookでも更新情報をお知らせしています。いいね!うれしいです