だいたい国内ひとり旅

一人旅を愛する30代です。女ひとり旅のコツや旅の記録、おすすめの旅先なんかを綴っています。

広島・鞆の浦のランチは「衣笠」がおすすめ!名物グルメ・鯛めしが絶品

f:id:morinokotabi:20190318130104j:plain

広島の景勝地・鞆の浦グルメといえば、やっぱり鯛料理!鞆の浦を訪れたなら、ランチは鯛めしがおいしい「衣笠」がおすすめです。

地元の人が訪れる和食店「衣笠」

f:id:morinokotabi:20190318230925j:plain

鞆の浦といえば人気の観光地ですが、そういう観光地で地元の人が訪れるお店はつまりおいしいお店だと思っています。「衣笠」も、たまたまお店の前を通りかかって、法事後と思われる地元の方がぞろぞろと入っていくところを目撃。ここは間違いなさそう!と思ってふらっと入ってみて、結果大正解のお店でした。

鞆の浦名物・鯛めしが絶品!

ランチのメニューはいろいろと揃っていて心惹かれましたが、やっぱりまずは鯛めしを食べてみようということで「鯛めし膳(2,000円)」を注文。

ちょうど混み合っている時間に入ってしまったためしばらく待たされましたが、待ったかいのあるお料理が運ばれてきました!f:id:morinokotabi:20190318130104j:plain

上の写真左下が、待ちに待った鯛めし!そして鯛めしから時計回りに、茶碗蒸し、魚のたたき、たこの天ぷら、鯛・マグロ・イカ・カンパチのお造り盛り合わせ、赤出し、お新香にほうれん草のおひたし、炊き合わせというラインナップ。

衣笠の鯛めし

この鯛めし、ダシが効いていて最高においしかった!おかずなしでごはんだけ延々と食べたくなるおいしさでした。

衣笠 鯛づくし膳のお刺身
衣笠 鯛づくし膳の魚のたたき
衣笠 鯛づくし膳の炊き合わせ
衣笠 鯛づくし膳のたこの天ぷら

他のお料理も盛り付けからしてとてもきれいで、どれも丁寧に作られたお料理。特にお魚がおいしくて、鯛をはじめとしたお刺身も、魚のたたき(この日はさわらだったと思います)もすごーくおいしかった。写真は撮り忘れましたが、赤出汁の中にもプリプリの鯛の身が入っていました。

このお料理に食後の飲み物がついて、2,000円はとても良心的だと思います。

レジ近くには、宮崎駿さんのサインが!

f:id:morinokotabi:20190318130016j:plain

お店に入った当初から目について気になっていたのですが、レジのところに、トトロの絵が描かれたサインが。

f:id:morinokotabi:20190318231810j:plain

会計時にお店の方に聞いてみたところ、やっぱり宮崎駿さんのサインでした!

鞆の浦は『崖の上のポニョ」の舞台と言われていて、かつて宮崎駿さんが長期滞在していたんだそう。大のジブリファンとして、宮崎監督のサインを生でみられて興奮!鯛めしも美味しかったし、本当に入ってよかったなあと思うお店だったのでした。

土日は待つのを覚悟で訪れたほうが良さそう

地元の人も多く訪れていましたし、ただでさえ観光地なので、土日は当然混み合うのだと思いますが(私が行ったのは3月半ばの土曜日)、実はお料理が出てくるまでに40分以上待たされました…。

ただ、本当に混雑がピークのタイミングで入ってしまったためで、そうでなければわりとサクッとお料理出してくれるんだとは思います。(13時過ぎに入ってきたお客さんのお料理提供はもっとスムーズでした)

なのでランチのピーク時に行くなら時間にかなり余裕を持って行くことをおすすめします。それかピーク時間をずらして行くか。出てきたお料理を見ると、これは時間かかってもしょうがなさそうだなあと思う丁寧さだったので、個人的にはまた行きたいお店です。

次は鯛めしに鯛のお造り・鯛のかぶと煮・鯛のちり蒸しがセットになっている鯛づくし膳を食べてみたいなぁ!